クラウドEDI-Platform とは

EDIにおけるさまざまな通信手順、通信手段に対応し、発注・出荷・受領・返品・請求・支払などのEDI業務の効率化を支援するクラウドサービスです。
これにより、通信コストの削減、送信時間の短縮、大量データの送受信が可能となります。

取引先に合わせたEDIをサポート
国内3拠点でのBCP対策
シェアクラウドによるローコストサービス

クラウドEDI-Platform が選ばれる理由

POINT1
取引先に合わせたEDIをサポート
流通BMSやWeb-EDI、旧来のJCAなどレガシーシステムにも対応しています。また、FAXでの発注にも対応しています。
POINT2
国内3拠点でのBCP対策
お預かりしたデータは、国内3拠点で常時稼働しており、災害時の業務継続およびデータのバックアップ体制も万全です。
POINT3
シェアクラウドによるローコストサービス
サイバーリンクスの共同利用型クラウドサービス「シェアクラウド」は、コストメリットだけでなく、将来にわたり高品質なサービスを安全に安心してご利用いただけるクラウド基盤サービスです。
POINT4
Web-EDIの豊富な受信代行実績
多くのWeb-EDIに対応しており、クラウドEDI-Platformで自動受信代行いたします。
POINT5
安心のサポート体制
24時間365日、専属のスタッフが運用・監視を行っています。

メリットを見る >

クラウドEDIの概要図

サービス概要図 卸売業

サービス概要図 卸売業

サービス概要図 小売業

サービス概要図 小売業

BCP 対策

BCP対策として、国内3拠点(和歌山・東京・大阪)で通信を常時分散稼働させています。 万一の障害時には他の2拠点がバックアップし、EDIサービスの停止を最小に致します。また、災害時を想定した設備の増強、訓練を実施しています。

BCP 対策