ITクラウド事業について

サイバーリンクスのITクラウド事業は、小売業や卸売業などの食品流通業向けのクラウドサービスと、官公庁向けクラウドサービスの2つの事業分野で、システムの開発・導入・保守・運用サポートに至る幅広いサービスを提供しております。

業界プラットフォームをめざし、独自のクラウドサービスを提供することで、ITコストの削減や経営の効率化を支援するとともに、業界全体の発展に貢献しています。

クラウドサービスにおける収入構造は、導入時の機器販売や導入支援費等の初期収入のほか、情報処理や運用支援、保守などの継続的に得られる利用料(定常収入)を柱としており、安定した収益基盤を構築しています。

流通業向けクラウドサービス分野

食品の流通をIT技術で支え、便利で豊かな暮らしをサポートしています。
主力の食品小売業向けサービス「@rms(アームズ)シリーズ」を中心に成長を続けており、サイバーリンクスの将来の成長軌道を描くエンジンとして、積極的な投資を行い事業の拡大を図っています。
常に顧客ニーズを収集し、システムの機能改善や機能追加を行うことで、拡張性の高いサービスを提供しています。

官公庁向けクラウドサービス分野

地域の情報通信インフラをより便利に、安全に。地域の皆様の「住む安心」をサポートしています。
和歌山県内の自治体向けに防災行政無線システムをはじめとする通信システムの施工・保守、行政情報システムの導入・運用サポートを行っています。
また小中学校や医療機関向けなど様々なクラウドサービスを提供しています。

 

サイバーリンクスは、みなさまの身近なところで暮らしを支えています。
下の図をクリックしてご覧ください。

ITクラウド事業