先輩社員インタビュー

校務システムの開発は教育の質の向上につながる(小田 光葉 公共クラウド事業部)

これが私の仕事!

学校で先生が利用するシステムの開発を行っています。先生が作成しなければならない資料は多岐にわたり、また同じ内容を複数の資料に記入しなければならない事も多いです。今まではそれらをすべて手書きで行っていたのですが、システム化する事により、記入ミスや作業軽減を目指しています。学校の先生の事務処理の作業時間が減れば、それだけ生徒に向き合う時間が増え、教育の質の向上につながると考えています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

動かなかったプログラムのバグを見付け、修正し、期待通りに動いた時が一番うれしいです。自分が作ったプログラムであれば比較的容易ですが、ほかの人が作ったプログラムだと構造や書き方、どこで何をしているのかその人のプログラムの意図を探っていく必要があります。その過程がパズルのようで楽しさがあります。仕様の変更など大きな改修になる事もありますが、それがかえってプログラムの見通しを良くする事もあります。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

一番は地元の会社であった事です。大学は和歌山県外でしたが、絶対にUターンしたいと考えていたからです。また会社説明会で全国展開していると聞き、和歌山にこんな会社があったのかと興味を持ちました。第二に、パソコンに触れるのが好きだったからです。中学高校と家のパソコンに触れ興味を持ったので、仕事をするならシステムに携わりたいと考えました。

1日のスケジュール

09:00 プログラミング
12:00 昼ごはん
13:00 プログラミング
15:00 社内会議
16:00 プログラミング
19:00 退社

MESSAGE メッセージ

迷いがあると良くないので、一社一社ここしか受けていないつもりで受けると良いと思います。