電子委任状サービス

マイナトラスト電子委任状

「委任状」とは、自ら行うべき手続き等を、第三者(受任者)に委任したことを記載した文書のことをいいます。
サイバーリンクスの電子委任状サービス「マイナトラスト電子委任状」は、マイナンバーカードに搭載された電子証明書を、電子的に作成された委任状に関連付けることで、受任者本人が手続を行う権限を有することを簡易かつ確実に証明します。

電子委任状の利用シーン

委任状の受領者は、契約等の手続の相手方(受任者)が手続に必要な権限を、契約等の当事者本人から委任されていることを確実に確認でき、安心して手続を進めることができます。

  • 国及び地方公共団体の調達における電子入札等の手続
  • 行政機関に対する電子申請等の手続
  • 企業間で行われる電子契約、申込み等の手続
電子委任状の概要図

サイバーリンクスは、総務省および経済産業省より「電子委任状取扱業務」※の認定を取得し、安心で確実な手続及び取引に寄与しています。

※電子委任状取扱業務
代理権授与を表示する目的で、法人等の委任を受けて、電子委任状を保管し、関係者に対し、当該電子委任状を提示し、又は提出する業務のことをいいます。

マイナトラスト×政府電子調達システム(GEPS)

サイバーリンクスの電子委任状サービスは、政府の「電子調達システム(GEPS)」に採用されています。
電子委任状を登録すると、担当者(受任者)がマイナンバーカードでGEPSにログインすることで、サイバーリンクスの電子委任状サービスと連携し、法人代表(委任者)から委任されている権限の確認が行われます。
また、電子委任状は、作成時に設定した有効期限内は何度でも使用できますので、担当者(受任者)は手間をかけることなく、スムーズに手続を行うことができます。

電子調達システム(GEPS)とは

電子調達システムとは、政府が行う、「物品・役務」及び「一部の公共事業」に係る一連の調達手続をインターネット経由で電子的に行う府省共通のシステムです。

マイナトラスト×政府電子調達システム(GEPS)の概要

マイナトラスト×政府電子調達システム(GEPS)の概要

電子調達システム利用のメリット

  • 調達手続に係る一連の業務がインターネット経由で電子的に処理されるため、調達窓口に出向く必要がなく、交通費や郵送費、書類の保管費などのコストを削減。
  • 電子調達システム上で締結される契約書は、電磁的記録により作成されるため、印紙税が不要。
  • 契約書等の書類は、必要なときに電子調達システムにアクセスすることで、いつでも参照可能。
  • 利用機関の調達案件であれば、統一化された同一の操作で入札・契約業務等が可能で、府省等ごとに利用者登録を行う必要がなくなるなど、業務の効率化や利便性が向上。 ・システムメンテナンス時を除き、24時間365日いつでも利用可能。