中期戦略について

01. 長期ビジョン~クラウド上に大地を築こう~

2020年にITクラウド事業は収益性向上の転換期に突入し、そこから更なる事業成長を目指します。
長期ビジョン

02. 中期経営計画~中期経営計画の基本方針~

サイバーリンクスは、2016年度から2020年までの5か年の中期経営計画を策定しております。

「LINK Smart ~もたず、つながる時代へ~」を当社サービスのブランドコンセプトと定め、モバイルネットワーク事業の安定収益をベースに、流通業向けクラウドサービス分野を核としたシェアクラウドによるサービスの積極展開を行い、各事業分野でのシェア拡大による収益基盤の強化を目指してまいります。

中計_戦略&目標

事業戦略1 クラウドサービスの拡充(ITクラウド事業)

(1)流通業向けクラウドサービス分野

新サービスにより中・大規模小売(年商300億円以上)、中小規模卸、メーカーの3方向への事業展開を推進することで、ターゲット市場を拡大してまいります。

流通戦略

  1. 小売業(食品スーパー)
    中・大規模食品小売に対し、「@rms生鮮」や「@rmsネットスーパー」、「店POWER」(統合棚割システム)等の年商300億円から1,000億円超規模に対応した@rmsシリーズの周辺サービスを展開しています。
    「@rms基幹次期バージョン」(2017年4月初期版リリース)の大規模企業への導入を推進することでシェア拡大を狙います。
  2. 食品卸売業・食品メーカー
    小規模卸・メーカーのEDI化をターゲットした「コード変換基盤」(現在開発中)により、食品小売業界における商流の業界標準の確立を目指しています。さらに、メーカーを含む食品流通業界全体をカバーする情報交換のプラットフォーム「C2Platform」を構築中で、食品小売業界の情報流のデファクトスタンダードを目指しています。
    なお、「C2Platform」とは、流通業界の企業連携の効率化を図ることを目的に、個々の企業間で通信により行っている情報交換を、情報を必要とする関連企業に一括して伝達する商談プラットフォームです。
(2)官公庁向けクラウドサービス分野

主力事業である行政情報システム・防災システムを和歌山県外へも営業展開するとともに、和歌山県「自治体情報セキュリティクラウドサービス」事業者としての運用実績を強みに、新サービス「教育情報セキュリティクラウド」の構築、また防災、見守り、買物、医療、福祉等のサービスを統合する住民サービスの展開を行ってまいります。
学校向けサービス、および医療連携サービスにおきましても、全国展開を目指し、積極的に営業を行っております。

公共戦略

事業戦略2 ドコモショップ店舗の⼤型化と取扱商材の拡⼤(モバイルネットワーク事業)

モバイルネットワーク事業において、お客様の利便性の向上と集客力を高めるため、ドコモショップ店舗の大型化を推進するとともに、携帯電話以外のスマートライフ関連商材の取扱いを拡大していく計画です。

お客様との接点を活かし、「社会貢献」「地域の方の生活創造」「新たな製品・サービスの提案」により地域のお客様のスマートライフのパートナーを目指してまいります。

 

事業戦略2