健康経営の取り組みHealth and Productivity Management

サイバーリンクス健康経営宣言

わたしたちは「お客様に喜んでいただける最優良のサービス」を世に送り出すことによって、企業として継続発展するとともに、社会の発展に貢献することが使命と考えています。
魅力あるサービスを生み出し、企業が持続的に成長しつづけるためには、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、活き活きと働き、持てる能力を最大限に発揮できることが必要です。
サイバーリンクスは、従業員の健康維持・増進を重要な経営課題の一つと位置付け、健康経営を積極的に推進します。

健康経営推進体制

従業員の健康維持・向上を重要な経営課題の一つと位置付け、代表取締役社長が健康経営推進最高責任者として健康経営を牽引します。
総合管理部 人事課を中心に、産業医や協会けんぽと連携し、従業員の健康維持・増進に向けた活動を展開します。
健康経営の方針及び課題、各施策の実施状況については、会議等を通じて経営層に対し定期的に報告・共有し、健康経営の継続的な推進・改善に取り組みます。

健康経営の主な取り組み内容

ヘルスケア・メンタルヘルスに対する取り組み

  • 定期健康診断の実施
  • すべての事業所におけるストレスチェックの実施(高ストレス評価者には、医師面談機会の提供)
  • 新入社員向けのメンタルヘルス研修の実施

集団感染予防対策

  • テレワーク(在宅勤務)の実施
  • 出社者へのマスク、フェイスシールドの配布
  • 定期健康診断における分散受診の実施
  • インフルエンザ予防接種費用の補助

働き方改革の推進

  • 有給休暇取得の促進(有休取得奨励日の設定)
  • 法定以上の育児休業期間の設定(子が1歳6ヶ月に達するまで)
  • 法定以上の育児短時間勤務期間の設定(子が小学校4年生の始期に達するまで)
  • 男性の育児休業取得の奨励
  • ノー残業デーの実施(週1日)
  • 働き方に関するアンケートの実施、対策

「わかやま健康づくりチャレンジ運動」

和歌山県と協会けんぽ和歌山支部が共同で実施する、職場の健康づくりをサポートする事業「わかやま健康づくりチャレンジ運動」に参加しています。